やっぱり子供には幅広いことをさせて興味を持ったことを自由に掘り下げていくことが1番良いよね
ゲームは最高だよね!
俺Cから入ったからポインターが便利すぎて、関数に参照渡しできない言語があると、アルゴリズム組むのにかなり苦労する。

こういう子に育ってほしい、と親なりの幸せを願うのは当たり前だからやらせてみて本人が続けたいならやらせれば良いと思うけど、
親の理想と違う道に外れた時に、それを取り上げたりする毒親にはならないでほしい。
ダメ親だとか言ってる人いるけど興味を持ってもらおうってのは別に良いでしょ。ハマらなかったらやらなければ良いだけの話。きっかけを与えるのは大事だと思うけどなあ。
まずはC++、Java、C#、JSの順だと良いぞ
強制はよくないけどこういうものがある、手段がある等は知るのはいいと思う
Scratchは小学生の頃やってみたけどプログラミングの考え方が分かっていいと思う、
簿記の授業で単語覚えるより
いきなり問題から入り、これはこうなるからこうって覚えさせられたから
普通高卒の友達が一から簿記覚えるより早く覚えれた気がしたな

もう何もかも覚えてないけど

そのままの形でインプットするのは言語を習得するって目的では有効かもしれないけど、エンジニアの仕事ではリテラシー低い相手が理解できるように説明しないといけない場面が多くあるから、周りくどく覚えた人の方が有利に立ち回れたりもする気がする。
林晴比古先生の本には当時大変お世話になりました。
こんなのもあるよ、って入口を見せてあげるだけでいい気がする
やるといいよ!って子供に押し付けても結局自発性がないと身に付かない
やりたかったら道を用意してあげるといい
知育玩具「ひろゆき…」
これすげーよく分かる
オブジェクト指向の概念を書籍で覚えようとした時
車クラスとか動物クラスが~とか例えられても理解できなかったけど
オブジェクト指向で書かれたシンプルなソース見たらサクッと理解できた
わかるなぁ
BASICとか学習向け言語から入ると変な常識付いて大変(OOPできないとかアーキ理解できないとか)
子供には色んなものを触れさせるのが一番いい
何事も知る機会がないと調べるどころか好奇心持つこともできないし
世界の広さだけとりあえず見せておけば、子供が自分で開拓する能力も養われると思うから
大人になって本人がやりたかったらやれば良いですよね。
大人になってからとか遅すぎわろたンゴ
何かをやったり始めるのに年齢的な遅い早いはないと思うよ
言語等や学習ばかり若いときの方がみにつくのは確実よ
物事を始めるのに年齢が無関係なのはその通りだけど、
「なんで子供の頃に自分がしたい事をしてはいけないのか?」って話。
大人になってから始める必要なんてない。むしろやりたい事があるなら時間の多い子供の頃からやった方が絶対に良い。
もちろん最低限の勉強もするのは大前提だけどね。(どっかのなんちゃら革命家みたいなのは論外)
Cから始めるといきなりCで始まるって言うのはいくら文法なんか知らなくても子供が母国語を話せるのと一緒だろうな。
結局押し付けられたモノは嫌いになるし、やらなくなる。
江戸時代に寺子屋に通ってた子供は、難解な高等数学の問題解いて、記念に神社に奉納してたしな
一番効果的な方法はね、親が自ら楽しそうにプログラミングをすることだよ。そして作った面白いアプリを子供に見せてあげるんだ。子供は好奇心いっぱいにそのアプリで遊んでくれる一番最初のカスタマーになる。嬉しいだろう??
なんで親が興味を持たせようとするんだろう…..。
玩具を買ってきて目の前に置くだけで良いんじゃない?子供は知的好奇心旺盛だから好きなら勝手に遊びだすでしょ。
子供の頃から何でも放任主義で興味を持つキッカケを与えられることもなく、何が好きかもわからないまま大人になった結果、目の○んだ社畜が生まれる
きっかけ与えるのは別に悪くない
キャッチボールきっかけで野球好きになるのと変わらないでしょ
プログラミングになった途端文句つけるの草
当たり前だけど幼少期なんて自我がないんだから何かしら習い事を親が進めるのは至極真っ当な事だぞ?
育児教育もしたことがねえバカがア○晒してんじゃねえよ
変に敷居を低くするのって良くないのかなって思う
大人が使うものを触れられる環境を整えるのが大事なのかなと
親が楽しそうにプログラミングやれば
子どもも「それなに?」と興味もってくれると思う。
まさに親の背を見て育つ。けどこの親「プログラミングできる自分の子供スゲー」がやりたいだけで、自分自身は「プログラミングなにそれ美味しいの?」だとおもう
高卒の母親が高学歴子供錬成しようとすると泥沼にハマるしな
ゲーム制作から入るのが1番だと思うわ、数学物理も勉強できるし