「低価格でも本社まで見れば総合的には儲かってる。だから低賃金のバイトがそこにいることに問題なんてない」
経営者としては正しい考え方なんでしょうね
なんて言うか色々なケースがあるって自分でも言ってるのにテレビ局の意見だけピックアップして低価格=低賃金派を馬○にしちゃうのは如何なものだろうと思った。
いや、大多数の物を売る商売とテレビは全く話が違うでしょ。
テレビはスポンサーからお金を貰う。視聴者からお金は貰わない商売モデル。だから他の商売と同列に語るのならスポンサーから貰えるお金が低価格だったときの話をしないと。

人件費と価格が関連しない?じゃあなんで多くの企業が人件費が安い東南アジアの国に進出してるんだよ。

50円の豆腐を作る事は誰でも出来るから賃金は安く抑えられるけども、ソシャゲはそうはいかないよね。

他の考えは概ね同意するけど、ここだけは論点ずれてると思いました。

安い商品やサービスの供給に関わる誰かは低賃金労働しているし、誰かが高給取りなら搾取があるんじゃないの?関わる全員が高給取りならおっしゃるとおりだと思うけど。

見えてるものが全てではないけど、見えてるものも存在するものの一部。

製造原価に関わる部門は、コスト部門とみなされ、賃金は上がらないかもしれませんが、他の部門は一般管理費。
上手く説明できない!けど、低価格=低賃金ではないと思う。
資本家は数を売れば儲かりますが、労働者は製品が低価格化すればやはり賃金は下がると思います。

資本家の話と労働者(被雇用者)という表現で分けて考えればいい話なのかな、と。

または頭脳労働を行う管理者も然りかな、と。

低賃金というのは二極化の側面でしかないよね
ブランド品もほとんどがアフリカやらウイグルやらの低賃金労働者を使ってるわけで、いくら儲けようが動機がなければ還元するはずがないってのは少し考えれば解ることだね
従来の経営形態で低価格路線を目指すと利益が減るのは確かで、何も工夫をしないとジリ貧になるのは確か。
値下げのしわ寄せが賃金に来るのと低価格で提供するのは全くの別問題と。
ほんとにね、ひろゆきはわかってないよね
これ 今回に関してはひろゆきの着眼点が間違ってるから議論にすらなってない
売上は販売単価×数量。で、売上の一部から賃金って払われる。だから低価格でも数量こなせば売上確保可能なのだから低価格=低賃金とはなりません。低価格の場合、数量達成できなければコストカットが必要で低賃金にむかう傾向はありますが。
うまい棒がそれを体現してるな
うまい棒はシュガーラスク派です☺️
俺は最初の投稿を見て「なるほどなぁ」って思って、ひろゆきの話聞いて「なるほどなぁ」って思った
いやいや、テレビが視聴者に実際に売り込んでるのは無料の番組ではなく有料の商品でしょ。
世界一高いと言われる日本の携帯通信料金とかを維持するための宣伝をしまくって視聴者に売り込みまくって高収入を維持してる。
結局世の中ただのものなんてないんだから。

はいこれに関して俺でもひろゆきを論破できました!

アンケートとったりしながら説明してるのがなんか学校の授業みたいで微笑ましいw
やりがちな勘違いだけど、生産者のみを労働者として考えてたらこうなるよ。
資本家以外全てが労働者であるのが一般的だしそれが正しければひろゆきさんの言ってることが正しい。
この考えが合ってると考えてる人が思った以上に多い事に驚きを感じた自分に驚いたんだよね。
youtubeもそうだね
前に牛丼の低価格とバイトの低賃金は搾取だから良くないみたいな切り抜きを見た気がする
要は、低価格→低賃金は成り立たないけど、低賃金→低価格は成り立つって話だと思うんだよね
そもそも承諾の上の給料で働いているから
問題はないと思うしね。

ひろゆき曰く、承諾して働いているというより、承諾して働かざるを得ない(強制)らしい。だからベーシックインカムを推すのかもしれんな
フランチャイズに関しては各店舗と大元を分けて考える必要がある。
というのも店の経営キツくてもきっちりロイヤリティ引くから(-´∀`-)
そもそも何をもって低価格とするかって話なんじゃないかな?低価格って言われてる物でも儲けが出るような価格を設定してるだろうし、仮に儲けが出ないような設定を低価格とするならば低価格=低賃金はある程度成り立つと思う。テレビは低価格で人を集めて別のところで利益出すいい例だとは思うけど、話の内容は若干ズレてる気がした。テレビはCMの枠が商品であって、CMの枠を利益が出ないような価格に設定したらテレビ局の人の給料は下がると思う。
企業が賃金の安い国に工場を作ったり賃金の安い移民を受け入れたがるのは例外でしょうか?
その企業の「作業員」の給料だけを見るな、その企業で働く人たち全員を見ろって事だろ?
初めて投稿を見たとき「じゃあなんすか、高所得者になりたいんだったら身の丈に合わない高い物を買えっていうんですか」とか思ったぞ…
情報リテラシー、取捨選択、経済、儲からないから給料が低いは経営側の搾取、一つの出来後を肯定、否定等、相対して見極めると物が見えると思います、狭義、広義で考えたりするとひっくりかえる事もあると思います。そこに甘んじるか、挑むか、人生は一度ですね。
レジやってる時におじいちゃんが財布から金出すの手こずってて会計終わった時 ごめんなぁ迷惑かけて。
って謝ってきたから
大丈夫すよ(*^^*)ていいながら
別に何人お客さん捌いた所で俺の給料変わらんのでって
心の中で思った。
昔だから「コメントに書いてください」「アンケート取りますか」とか割と自由なのいいね
昔だからというよりニコニコだからじゃないかな
テレビ関係はタダ働き同然の使い捨て労働力ややりがい搾取で成り立ってるところも多いので、ひろゆきさんの言ってることは成立してないなぁ…と思いました
AD・下請け制作会社とかアニメーターとか端役の俳優とか…
無料のトゥイッターを論破する事で収入を得るひろゆき氏
この理屈だと、低価格品を作るためになぜ人件費の安い国に工場を作られてるのか説明できないな。
あと圧倒的多数である牛丼屋の店員よりも、少人数である経営陣の報酬を一般化するのは違うんじゃないかね。
低価格化が進んでも関係なく稼げる人はいます、という意味ならわかるけど。

もしかしたらそう言うケースもあるかも知れませんね。

ただおそらくこの動画では、例の「低価格が〜」と言う投稿に対して、いやいや、低価格や無料であっても、儲ける仕組みがちゃんとしてればたくさん儲けられるよね!って話をしているんだと思います。


はい。認識通りです。
物価の安い国に工場を作ることによって日本企業は日本で利益を上げ高給を得ることが出来る。
外国では相対的に高い賃金を得ることができ、低価格でもみんなが儲ける仕組みを構築することが出来ると思います。
そもそもひろゆき氏の言いたい事と、アンケートの質問が微妙に変えられている!アンケートの質問が低価格=低賃金ですか?では無く、これあっていますか?に変えられていて、イコールでは無いけれど、一理あると思った人も、あっているに入れたと思う!

その辺意地悪ですよね。
そもそも元ネタの意味がわかってないと、たなかくんさんの言う通り、受け手によって前提も変わることもあるでしょうしね。

私は例の投稿はあまり上手くパロってないなと感じたので、ひろゆきに同意かなぁ。

そもそも日本で第二位の割合を占める産業が価格売りが給料に直結する製造業なんだよな、サービス業の話で煙に巻かれても納得出来ない人が多いのは当然かと。
そもそも論なんだけど、
値段ってちゃんと利益が出る前提で設定されてるし、恒久的な値段の上げ下げなんてよほどの理由がないと行われない&他の店も同じ影響を受けてる可能性が高いわけだから大手だけがいきなり値段を下げられる状況なんてそうそう起きないと思うんだよな
ちょっと野暮なこと言うと
サムネひろゆきは論破しますなんて絶対に言わないんだよなぁ…w
「頭悪い」は連呼するのにね
サムネも「頭悪いよね」とひろゆきが発言してるように表現するべきだったように思える

まぁでもそれももうマンネリかも……

低価格の物を買うとき、価格と価値のバランスしか考えないが、低価格の物を売るときは価格と価値と【買ってくれる人数】と経費を考える。
薄利多売でも低賃金にならない可能性は高い。
遡ると、バブルが弾けてから内需は縮小した。就職氷河期で新卒がなかなか雇用されなくなったのと、短命政権が続いてうまく経済政策をできなかったのと、新興国が台頭してきて日本の経済的地位が下がったことで、日本は低賃金が長く続くことになった。

給料安かったら低価格の物の方が売れる。低価格競争になって、デフレスパイラルが起きる。ますます給料が上がらない。

ほかには、低価格だと低賃金っていうことになった理由は、日本が成熟した文明国なのと雇用が伸びなかったから。
物をいっぱい持ってて有り余ってるけどお金がない。そんな人に高い物を売りつけるのは難しい。
しかも、その人は自我に目覚め自分の生活を大事にしてて、社会とかとの一体感とか未分離感とかはない。
文明が進み、自分の給料からの出費のコントロールもかなり個人主義化が進んでる。だから「誰かを助けるかもしれないお金の使い方」は、無駄な出費と考える。だから物が売れない。
自負以外への無駄な出費をしたくないっていうのは、出産にも言える。子供は自分の延長だから教育を十分にしたい、って気持ちと、子供が増えると自分がお金や時間を使えなくなる、って気持ちがある。それで子供を産まなくなるが、出生率が低いのも内需が拡大しない原因の1つ。

牛丼屋が薄利なのは、安くないと他の外食産業に負けるから。1社だけ値上げしても潰れる。
けど消費税とは別に、どこもメニュー全体が値上げ傾向にあると思う。アベノミクスと煽られ、消費税に便乗して値上げしたが、その値上げがまだ続いてる感じがする。

そう言う事です。
薄利多売の労働集約型はいっぱい歯車集めなきゃいけなくて、その歯車を人間扱いしてたら商売として成り立たないから、殆ど低賃金と言っても問題ないゾ。本部の人間と現場の歯車の数が同じなら話は別だが、ほぼ全ての場面で
本部の人間の数くくくくくくくく現場の歯車の数
だから
これの答えは、社会構造を変えないで商品が低価格化すれば労働者の賃金が下がる。
社会構造を変えるには景気を良くし、商品の値上がりを経て設備投資による仕事の効率化を行い、一人あたりの生産性を上げて労働者の賃金が上がり商品の低価格化が起こる。
テレビはスポンサーからお金を貰って無料で放送してます。
テレビと他の経済を語るのは無謀すぎる。
テレビは宣伝目的の広告媒体。そもそもが無料サービスじゃなくて、企業が商品への課金を促すためのもの。ソシャゲ業界とある意味一緒ですね。
無料=タダ働きはないと思う。それはボランティアと言う。
低価格=タダ働き、低賃金はあると思う。
製造業はコストを削って低価格を実現したりするので、そこで人件費が削られることはよくある。サービス残業というタダ働きから低価格が実現することもあるだろう。
メディアの仕組みと他業種の仕組みは違う。
低コストで低価格の商品を大量に作って大量に売ることじたい、低収入になる事とは直結しないということね。
大量生産で商品一個辺りのコストが安くなり、安く出来て儲かって利益増えるから従業員の給料は高くなるとか例あるのにな。

逆に高額な塾の講師の給料は正社員でもクッソ安い&違法サビ残大量だぞ。

低価格の物がたくさん買われる→低賃金は増えない
低賃金が増え、低価格なものが少量しか買われない→低賃金がさらに増える
牛丼の値段あがれば吉野家のバイトの時給あがってると思ってるコメ主可愛い。
わざわざ上の給料削ったり牛丼の質下げたりしてまでバイトに還元する理由は無いからなあ

※長文なのでめんどい時は普通に無視してください。
牛丼のコスト下げるのと質を下げるのは=ではないと思う
例えが牛丼じゃなくて申し訳ないが
コンビニなんかでやる唐揚げ1.5倍増量キャンペーンみたいなのあるけどあれは量を1.5倍にせずその分値段を下げることでバイト君たちはいつもと同じ労力でキャンペーンができる。こんな感じで質を下げずに削れるところはあると思うんだ。
んで高い給料もらってる人達は給料ちょっと減る代わりに休みを増やしてあげれば割と納得してくれるんじゃないかなぁと。例えば月収2万減るけど残業全くなしってのと残業見込みで月2万貰える代わりにがっつり残業するだったら俺だったら2万減らして残業なしにする。
んで客と直接関わるのはバイトだし店の印象って結構そのままバイト達で決まるイメージあるから給料上げてでもモチベ高めてもらうのは結果店の売上に繋がるんじゃねぇかなぁ、と
コンビニでバイトしてて思いました。多分上の人には俺の知らない上の人の都合があるんだとは思う。いつもおつかれ様です。
吉野家だけが値上げすれば他の店に書くが流れて吉野家の客が減るのでマイナス。しかしすき家もココイチもモスバーガーもAEONもセブンイレブンも全部が一斉に値上げすれば客の量はそんなに減らない(少しは減る)。
今の社会は生産過剰で豊作貧乏だからデフレが起きている。供給量と需要量をバランスさせることが大切。逆に供給量を減らしすぎて供給量<需要量になると飢饉状態&インフレでそれはそれでやばい。あくまで過不足無く供給量=需要量でバランスさせるのが目標。