あんま関係ないけど、ゆでたまごの画力の向上は凄いものがあるな。昔より明らかに上手い。
デスノートの場合は、絵が上手いのに話がつまらない人と、面白い話は書けるのに絵が下手すぎる人、ていう売れない2人の漫画家を組ませたら凄いヒットしたっていう奇跡に近いのかな。
大場つぐみって言うペンネームは売れない漫画家が「大バツ組み」って呼ばれてるのをそのまま名前にしたらしい。
経験は何より大事だよね
とある漫画家先生も「味も見ておこう」って言ってたし
違う。そうじゃない……
リアリティこそが漫画に命を吹き込む鍵になるからな……
冨樫先生は「漫画家になりたければ絵の練習してる暇なんてない」とか言ってた
だいぶ前の手塚賞募集ページで漫画家目指す人へのアドバイスとして言っていたと思う。
ありがとうございます!
Attack on Titanて、ひろゆきの日本離れがうかがえる
「進撃の巨人」より先に「attack on titan」の方が先に出るの草
自分に余裕が無いからって人を叩くのは良くないゾ^〜
なんだっそら!
黒子のバスケとかブリーチとか読んでると作者の絵の成長具合が分かるからそういうとこも面白い
キャラがめっちゃカッコよくなってるよね
進撃の巨人絵下手言われてるけど、意外と構図とか演出とかすごいんだよな
あれを下手と言うのが理解できないな俺は
まあ顔とかデッサンとかじゃないですかね、僕も初期の頃は体のバランスとか少し違和感感じてました。
げんしけんマジで最後あいつと結ばれたのだけは全くもって納得いかなかったわ
激しく共感します

ですよね!笑
なんかポッと出感否めないんですよね笑
手元にある1、2巻を読み返しましたけど、戦闘シーンや見開きのページは新人とは思えないような迫力があるのも事実ですよ
画面構成もよく練られていて、漫画そのものを研究して描いているのが伝わってきます

そういう事から目を背けて、「絵が下手でも売れる」と勘違いすると痛い目見ますよ

技術は無いが絵心はあったよね
レナード・バーンスタインという有名な音楽家がある時、学生に「私は音楽家になれますか?」と聞かれて「おそらくなれない。なぜなら君は今、私という他人に自分が音楽家になれるかどうかを問うたからだ」と答えたというような話があります。

漫画家も同じです。プロになる人というのは、他人に何を言われようと環境がどうであろうと、もしかしたら自分がプロになれるかどうかすらも気にせずに、ひたすら好きな漫画を描き続けることのできるような人だけです。
進路や学歴、親の顔色や世間体などを気にする時点でその人は漫画家に向いていない真っ当な人間なので、おそらくプロにはなれないでしょうから、世間並みに大学に進学して就職しておいた方が無難だと思います。
ひろゆきの動画コメントでバーンスタインの名前が出てくるとは思わなかった
やっぱ絵より内容が大切だよな。
ONE先生の作品見て○ぬほどそう思った
正直絵は小学生レベルだけど内容はくそ面白い
村田先生のワンパンマンもカッコいいんだけど、やっぱりあの下手な絵でやる気なさそうに敵をワンパンするのがワンパンマンの味だと思う。
ONEの絵は技術こそアレだけど、何をどう見せるべきか自分の中で完璧に把握してそれを相手に伝えられる表現の才能が確実にある。ただ絵が下手な人が同じ内容の漫画を描いてもあそこまで面白くはならないと思う。
キャラデザとかも何気にセンスすげぇしな。絵心がある。
one先生は上手い人の下手な絵。体の肉?とかの取り方がもううまい
ONE先生の方、人物自体の画力は雑だけどコマ割りとストーリー、絵の見せ方がうますぎる。気になる人はぜひ見てくれ〜^ – ^