一回間違えて女性専用車両に乗っちゃった事あったのですけど、法律的に大丈夫だったのですね(^_^;)
これもある意味女性差別じゃないかな。だって 平等 じゃないから。でもうるさい人って有益になる部分は言わないよね。不思議
障○がある方や介助が必要な方は女性専用車両に「遠慮せず」普通に乗れますよね…
じゃあ気にせず健常者男性が乗れますか?と言えば……
遅刻しそうなときにダッシュして飛び乗ったら女性専用車両だったってことがあったけど、慌てて飛び降りた記憶がある…遅刻しましたw

法的に問題無いからって乗り込んだら、ババアに囲まれて駅員さん呼ばれる動画あったよな
女性専用車両に反対する団体の人ですよ。
去年その動画見たわ
正直、痴○トラウマで男に悪感情持ってる女や、別にトラウマもないのに悪感情持ってる女と同じ車両に乗りたいと思わないから、自ら隔離されてくれるなら願ったり叶ったり。
そういうのが近くにいたら、電車揺れて少し接触しただけで痴○にされそうで逆にこっちが怖いし。
諸悪の根源は痴○だけども。
間違って乗り込んだ時いきなり背後からスマホのシャッター音鳴ってビクッとなったことある

専用車両ある事自体は百歩譲ってかまわないが、女性様の利便性を優先し過ぎてわざわざ階段降りた直近の位置にすんのやめてほしい

よく男性専用車両作れ!みたいな声あるけど、逆に女性は女性専用車以外乗ってはいけないみたいな風潮を作る方が賢いと思う
持病のある方や高齢者、女性が乗ることを推奨しているケースが多いので、そもそも「女性専用車両」という呼び方自体、変だと思うのですが、、、
法的には問題無いのかもしれないが周りからの目は冷たそう
上京したとき普通に乗ってしまった
隣におじいちゃんいて、おじいちゃんだけ注意されて追い出されそうになってたけど、その人おばあちゃんだった
俺は怒られなかったけど、ダメなんだって思って、焦りと気絶するほどの爆笑を堪えて、色々と複雑な感情を抱きながら逃げたよね
「なあひろゆき、俺(を女性専用車両)に入れて貰うことできるか」
乗ってもいいけど、痴○冤罪されても文句言えないよね
そもそも「専用」のくせに普通車両の運賃と同じとか、ふざけた運用してると昔から思ってたわwwwwww

だから誤解が生じるような運用や名称にするなと言いたい

日本ってなんでもかんでも「お願い」やんな。「お願い」で人動くなら、クリティカルシンキングも論理的思考力もコピーライティングも勉強しなくていいし楽な世界よな、って思う笑
同感ですね
俺からしたら、お願いなんて体のいい責任逃れですよ
特に今のコロナ対策の中のお願いは
世の中の殆どの男は痴○しませんが、一部痴○する男が居るので男が乗れない列車作りまーす←許される

世の中の殆どの黒○は犯罪を犯しませんが、一部犯罪を犯す黒○が居るので黒○が乗れない列車作りまーす←大問題
ワイは両方賛成やな。とことん分けろ。
それとそれ繋ぎ合わせるのは愚かだよ
頭悪いんか?
現状起きてる痴○は男→女の痴○がほとんどで女→女、男→男、女→男の痴○の例が少ないから加○者になりやすい男を排除する事で痴○防止が成り立ってる
黒○の場合は黒○もそれ以外も加○者にも被○者にもなり得るから黒○だけ排除したって意味はない
正確には被○届け出してる数が多いのが男→女のものな
俺は可愛かったらされてもいいな
法律違反じゃないからって言って乗るわけじゃないけど

女性専用車両を通過することはよくします。

なんかもう一部ではあってないような扱い受けてるからね
思い出してしまった。

社会人1年目の時今まで電車にほぼ乗る事がなく、駅名とか乗り換え方とかもよく分かっていなくて、携帯も持っていなくて、駅員に聞いてやっと「これに乗れば着くのか」って思いながら乗ってドア側に居たら、背後からここ女性専用車両ですけど?
って言われて降りてブシュ~なってたわ

周り女性しかいなくて変だなーって思いながらタブレットで作業してて
目的駅で降りたら女性専用車両でわろた
ワイも座れるとこ探してたら辿り着いてたでござる…
よくあるよね
あれは最早、女性占領車両やで。
だからと言って乗ろうとは思わない、だから女装しよそしたらバレてもバレても捕まらないしそもそもバレないかも
逆に女性車両でわざわざ痴○するやつ尊敬する
それをやったら女性専用車両を正当化できる理由になるからやめてほしい
もうそういう性○でしょ
個人的には面倒を起こされたくないから専用車両は基本的に賛成だし、何なら全鉄道会社に専用車両の終日導入の義務化をしてもらった方が良い。但し専用車両以外の車両には万が一チカン被○に遭っても自己責任で乗る様にするべきじゃないと割に合わないよね。
これ、ひろゆきは法的に問題ないって主張しているだけで推奨はしてないよね。
あれ乗ったら逆に疲れる
営業マンなんですけど、初めての客先に行く時に乗り換えで急いで乗り込んだのが女性専用車両で、直ぐに「女性専用車両ですよ!」と言われて咄嗟に降りて約束の時間に遅れたことあるなぁ。
法的に問題ないのは知ってるけど、なんか敏感な人っぽくて降りざるを得なかった。
今考えれば別車両に移動すれば良いだけなんだけども、、、。
悪気も無いのに過剰反応して排除するのはやめてほしいよなぁ。コワイコワイ。
札幌地下鉄においては一応優先車両はあるけども優先の機能は果たしてないな
それと現状の世論において性別で分けることも古い考えになりつつある
ひろゆきが実際に女性専用車両に乗って法的に問題ないことを周囲の人に諭して欲しい
なんで?普通に女に乗らせておけばよくね?
あんなもん乗っても居心地悪いぞ(笑)
女性専用?
なんすか、女性専用って?
駄目だこりゃ🤦
日本は同調圧力が強いから法律が曖昧でも罷り通ってる感じがする
てか冤罪の方が実際迷惑だから男性専用車両はよ作って欲しい
逆にそのようなことを言った政治家には全力で応援したい
知識として覚えておくと良いと思いますが、普通切符のみで乗れる車両を、一般旅客車両といいます。

この一般旅客車両は、公共性や平等、差別の観点から国が法律で旅客の限定(専用)を禁止しています。

そのため運営している鉄道会社といえども、法律違反のルールは、作ることも設定することもできません。

今あるものは、単なる車両に付けられた車両名にすぎず、ルールでもなんでもない単なる名前です。

1号車、弱冷房車などと同じレベルで、基本的に名前を付けるのは鉄道会社の自由です。

そんな専用にできない一般旅客車両に、嘘のステッカーをベタベタ貼って皆を騙しているのです。

出来た様に、設定したかのように見せかけているのです。いうなれば脱法的、詐欺的商法、張り子の虎です。

法律上及び運送契約上も、公式に日本に女性専用車両なるものは存在しておらず、公的文書に一切の記載がありません。

上の車両の法的な話しと別になりますが、男性の乗車は、切符を買うことで締結される運送契約において、許可保証されています。

男性の乗車は、契約という法的根拠を持つ権利でもあるのです。

この各鉄道会社独自の非公式なサービスが黙認されいる理由の一つに、痴○から、被○に逢いそうな女性を守るという多少の合理性があります。

合理性を求めるのであれば、男性が協力するのと同じ理由で、痴○被○に逢いにく高齢の女性は、乗車を控えて若い女性を優先、協力すべきとも言えます。

鉄道会社は男性を排除するだけで、高齢女性を他の車両へ誘導もしないし、痴○逢いそうな若い女性を全く誘導しようしない合理性に反する矛盾だらけのものです。

意図的に鉄道会社が隠蔽しているせいで、多くの人が上記のような事実関係を知りません。

正しい知識を増やして、公共鉄道の、嘘や矛盾、脱法的詐欺的商法、隠蔽等に、に問題意識を持ちましょう。

妻と乗車するときは、専用車両だろうが堂々と自分も乗ってるよ。
妻はヘルプマークの人だから。
だけどねぇ、専用車両の方がマナーなってない事実を知ってるから、自分も妻も、余程がない限り専用車両に乗らない。

早い話、共学と女子校。
異性の目があるから、ある程度お互い気を遣うけどってやつ。
専用車両すごいよ。
どんな人が乗ろうが唯我独尊。
ヘルプマーク?、そんなの(´・ω・)シラネ
妊娠で身体が思うように動かせない?、そんなの(´・ω・)シラネ
そんなのばかりだよ。

女性だから男性よりマナーとか気遣いができるからってのはないよ。
むしろ○伐としてるし、補助者ご異性でも乗車して良い事実を知らない人も少なくない。
何度か、あなた男性ですよね?って、凄まれたことあったし。

病院の時間の関係で、専用車両時間に乗車することが珍しくなく、1度のみならず複数回の経験だから、間違いない事実の話。

気付かずに乗った事あるけど、視線がすごかった。
興奮した
名前通りで草
若者が乗る→「間違えて乗っちゃったのかな?心配しなくても大丈夫だよ〜」

キモいオッサンが乗る→「通報」

そんな事はない。イケメンなら分からないけど冷たい視線は間違いなし。
極端な話キモい奴は電車乗るなってことだよね
女性車両にはね。 嫌な視線を感じるからね。
間違えて乗った経験から
あの車両は名前だけのただの一般車両に過ぎないのに、鬼の首取ったように駅員でもない一般人が、乗客に話し掛けて追い出そうとした勘違いおばさんの多さに驚いたよ。
『法的根拠が無い』ってのはだいぶ前にどこかで話題になってたよなぁ。
まぁ法的に問題が無くても、乗り込んだ瞬間から刺さる女性からの厳しい視線や
文句に耐えられる自信があるんなら乗ってもいいんじゃね?
ワイはめんどくせーからそんな事する気は無いけどね。
だけど満員列車に乗るのは厳しい。
夏場に若い女性に前後挟まれて身動き取れなくなって吊革に両手を上げて流れに身を任せて終点の職場まで乗ってました。(痴○に間違われると困るので精神的に参る)
おじさんに挟まれた時は整髪料の匂いでめまいでクラクラしました。
地元は車かバイクなので左程渋滞も無いのでそこだけいい。
都会は通勤費は体力勝負だと思うしちょとは会社も手当てを支給してくれてもいいかなと頂く立場だとそう思う。