コレ、10代の時から思ってるし、80年代からずっと云って来た。みんな鼻先で笑ってたけど。
オンラインゲームのスキン買う時とかまさにそれだわ。
芸術家は孤独な人が多いといいます。ほかの芸術家や大衆に認められたいという気持ちはあるかもしれませんが、上司の指示にも縛られないで独りで自分らしい作品をつくるというのは幸せかもしれません。
近所に彫刻家で豪邸に住んでるおじいちゃんいたけどいつも1人でした…
自分の世界があるだと思います✨

「俺の価値観は他人とは違う」という厨二病背負って生きてきたので、そういう苦労は無かったなぁ。寧ろ逆張りだったから、金が溜まったのかも。
はぁー、良い話聞けたっ!
他人に欲求され続けるより、自分が望んだ幸せを掴み取る人生。
頭の中で理解しててもこの考えって中々変わらんよな。
この動画好き(^.^)
本当おっしゃるとおりですねー
他人軸に生きてきて幸せになったこと全然ないですねー(*´▽`*)
ひいばぁちゃんが高くて良いもの買いなさいと教えてくれた
ばぁちゃんが正しいと思う
普通に当たり前の事を言ってる。
最近…というかここ数年は欲しいと思った物か必要だと感じた物くらいしか買ってない
昔は他人の気を引きたくて周りに合わせてた物を買ってたけど、生活していく中で本当に必要としてる物は普段から使うし、周りに合わせて買ってたものは押入の奥底に眠ってるか捨てるかのどちらか
それを引越しで掃除してる時に実感した
買った時は満足するけど、少し経てば特に必要としてないものが手元に残るだけ
それに気づいた時の虚しさは割と凹むし、これを買うお金を別の物に使ってたら…とか貯金してたら…と思うとさらに凹む
自分が欲しかったり必要だと思った物しか今まで買ってこなかったから、逆に他人の評価で買うものを決める考えがわからねえ
ひろゆきガチ頭良いな、こんだけ一つの話題で面白い話できるのほんとすごい
「自分の価値基準が他人にあるという人が結構多い」という所、大いに納得です。
米国西部でナースをして沢山の患者・家族と接してきましたが、この傾向は特にアジア系に強いと思います。もちろん白○系にもいますが(つまり家族次第)、こういう人々はその事に気づかない限り、結局自分が何を欲しているのか、何がしたいのか決めらないまま問題があれば全て周囲(他人)のせいにして一生を終えるみたいです。
他人からの見られ方をめっちゃ気にする人です。

ぶっちゃけかっこよくとか、金持ちに見られたいなんて気持ちはなくて
髪型変じゃないかな?とか
この服装変じゃないかな?とか
めちゃくちゃ気にします。
普通であればそれでいいんですけど、変だと思われるのが嫌で人目を気にします。

他人のことを気にしてるうちは真に幸せになれないということか
自分を例えにあげるところがかわいい。笑
でもこういうのってなかなか変わらんのよな〜結局そういう人は他人より優位に立って優越感に浸りたい欲がすごいからね…
そうやって、実質自分になんのメリットもないのに、SNS映えとかに精をだして金を浪費する「都会型貧困」という社会問題にもなってるよね……
そういう人はジャンジャン浪費して、金使って経済回すのに貢献して下さいw
頑張って見栄張ってる人をしまむらパーカー着ながら嘲笑うのが最高の愉悦なので見栄を張るのをやめないでください()
つまり周りにどう思われようがどうだっていいって思ってるオイラは幸せなんか
興味深いです。
その「判断の基準となる情報」ってほぼ外部の情報なわけで、そこに「他人の目」ってわずかながらにも、必ず入ると思うんですよね。センスというものは先天的なものもありますが、磨いていくものだと思うので。
そうなると結局、おおよその人は
自分で判断できなくなっている?!
興味深いです、とても。
他人の評価を気にしすぎるのは良くないね
ひろゆき氏の言いたいことは一理どころか十理くらいあるけど、俺はわかった上でやってるし他人の目気にして生きてきたからもうどうしようもない(開き直り)
承認欲求があって自分が本当にやりたいことがガチで分からん
じゃあ、ジム行く?
ほええええええ〜〜
そういう人っているんだ

しかもガチのやつやん、度合い強いやつやん

小学校の時に『高瀬舟』で「足るを知ること」を習ったけど、
成人した今改めてその通りだとしみじみ思う。
これが分かってる上で、社会的欲求を求めるのはまだ意志があるから良いのですが、
欲求の違いに気付いてないで、自分の欲求と思い込んで求めるのは、
幸せにはならないと思います。
社会的欲求って一瞬の高揚感は確かにありますが、続かないですよね。
だから何度も何度も求めるんかな?中毒的な。