【久しぶりに視聴をさせていただきました】コメントの返信をしてくださいました方には感謝をしていますので、ご了承お願いいたします。「メフィラス星人」のエピソードは、今の世相には合っていて良かったので。個人的にはオリジナル版の対話のシーンを尊重して、別のアプローチとして捉(とら)えた時にあえてコメントを掲載しなかったので誤解を招いてしまいましたこともお詫び申し上げます。
やっぱり監督が庵野さんじゃないから…
シン・ウルトラマンが緩慢でアクションシーンが楽しめないって言うけど、そもそも初代ウルトラマン自体がプロレスを取り入れている為かそんなに派手なアクションないんですよね。僕としては初代を見た身としてはシン・ウルトラマンは楽しめましたね。僕自身がド派手な戦闘よりグレートやパワードみたいな緩慢で重量感・巨大感ある戦闘や少し派手になってもレオ位の方が好きだったのもありますが。

これは、ひろゆきさんに限らずなんですが
良い所だけを語る人と、良い所とイマイチな所の両方を語る人との違いだと思う
エヴァンゲリオンはそこまで好きじゃないけどシンウルトラマンは滅茶苦茶好き!!それを切っ掛けに庵野秀明監督も好きになった!!
あの無機質かつ有機的ななアクションが宇宙的で生物的なリアリティがあるんだろ
ウルトラマン懐かしいですね。小さい時に見ていましたが、面白かったですね。もう1回見たいです。ウルトラマンの腕から出るレーザー光線が、今でも記憶に残っています。
エヴァもそうだったけど庵野さんの世界観がウケる世代はオッサン化してしまった。
人類の生体兵器としての適性から、悪役異星人ばかりか光の星からも攻撃されてしまう展開は斬新で、それを拒む

ウルトラマンが地球人と協力して危機に立ち向かう場面も感動的でした。 技術でも政策でも、富の生産・安全と

配分・投資に加え、人の向上・支援と活用・参画が可能になり、重要になってきた時代らしい作品だと思います。

マイティジャックなど懐かしい作品へのリスペクトも、嬉しかったです。 多元宇宙解釈で面白さが増えました。
僕は初代ウルトラマンが好きでシンウルトラマンを見ました、僕はめちゃくちゃ面白かったです!ちゃんと初代ウルトラマンのシーンのオマージュや色々な星人怪獣が全部僕の好きな星人怪獣でした!ちなみにあのシンウルトラマンの体型は初代ウルトラマンのスーツアクター古谷敏さんなんですって!(僕の記憶が合ってれば)
最近の特撮を見慣れてる自分からすると、逆にアクションの、のっぺり感が
巨大生物感が出てて良かったな
ですよね〜。ちゃんとそういうところも考慮してのあのアクションだったんでしょうね。
シンウルトラマンを酷評すれば映画オタに気に入られると思ってそう
庵野監督にとっちゃウルトラマンは自分の原点であり神様みたいなもんだからあんまり自分の色を加えて汚すのが嫌だったんだろうね。
逆にゴジラは庵野監督的にあんまり思い入れがないから好き放題できたのだろうか
そもそも庵野さんはシンエヴァに忙してくて大してシンマンの制作に携われなかったみたいです。
普通にめっちゃ面白かったんだけど、
シン・ウルトラマンがシン・ゴジラほどパンピーにヒットしなかったのは、アクションの問題ではないと思うなー。
ウルトラマンのオマージュで、ウルトラマンはプロレス全盛期だから、今の格闘技と比較するとまったりしてるのだと思う
エモいって言われてる無償の愛とか異星人との対話ってウルトラマンシリーズにおける不変的なテーマなんで
どのシリーズみても感動出来るんじゃないですかね
ウルトラマンゼロとかレグルスとかの格闘しまくるやつだとハイスピードアクションになるんだけど、
リアリティ強めにしたいウルトラマンは重量感が無いとそれはそれで物足りなくなっちゃうのでね………
ひろゆきにはエンタメ語らせない方がいいな。
誰も語らせてないし、評論家でもないおっさんが感想言ってるだけ定期
初代ウルトラマン見てた人じゃないと、そんなに楽しめなさそう。
初代は全然世代じゃないけど楽しめたかなぁ、色々取り零した感はあるけど。
私の中ではウルトラマンは光の国の格闘家とかじゃなく猛獣輸送している運送会社の人って解釈してるので地球でやっているアクションが投影sれるのには違和感がある。
あの動きこそがウルトラマンだろうが!
人間模様というか普通にドラマがいいし
特撮のふわっとした設定をしっかり抉ってきたしテンポもいい流石庵野秀明!!
割とひろゆきひげ親父は特撮に関して浅いな〜
シンウルトラマンを絶賛してる人も酷評してる人もみんな揃って山本耕史は絶賛してるのを見ると本当に山本耕史すげぇと思う