言葉をしっかり正確に使おうとしてる印象だったからある意味わかりやすかったけど、普通の人に説明するのに向いてないのはまあ仕方がない
短く正確に説明しようとすると専門的な言葉が出てくる。
専門的な言葉を使わずに正確に説明しようとすると長くなってしまう。
これはしかたがない。
あまり意識されないんだけど、言葉ってのが既に抽象的なものなので、言葉で伝えようとしてる時点でいくつもの具体が既にこぼれ落ちてるんだよね。なので、言葉によるコミュニケーションで完全な意思疎通をすることなんてそもそも不可能で、如何にこぼれ落ちる具体を少なくするかということしかできないんだよね。

 フィニシエとフィニシア
どんなに性格が一致しても歩んでる人生にズレはあるわけだから、当然価値観やアイデンティティーも少しずつズレてくるので、そりゃあ最終的には違う「個」になるよね。

一回の会話でここまで知識を吸収して客観的にも先生を観察してるひろゆき
研究者は「ざっくり話」を許さないよね
発言が一人歩きするのも避けなければいかんし、まあ仕方ない
海外からのアベプラはVPN通しても見れなかったりしますし、何なら上位互換の年間300$払ってる有料の高速Shadowsocksサービスを利用しても再生できない時が多いです。
「頭がいい人は説明もうまい!」vs「基礎的な知識がなければ説明のしようもない!」

ファイっ!!!!!


詳しく頼む
頭がいいの定義がない。
俺は「頭の良し悪しは相対的に決まる」が定義だと思ってる。
単語の用法?とか色々間違ってるかもしれんけど多分伝わると思う
“頭がいい”がそもそも抽象的な表現なんだよね
「頭がいい人は相手の知識の有無に対応して説明できる(相手に基礎的な知識がなくとも説明できる)!」になる。
対抗するのは「一定水準以上の理解力がなければ、対応しきれない!」になるかな。

「性格が遺伝で決まる(誤)」と「性格は遺伝する(正)」の違いを認識できるか?は、
知識の有無ではなく、知能(理解力)の差になる。 
(正とした方は、傾向の話であり断定ではないと言えるから、教授も支持できる内容)

筋が通ってなおかつ分かりやすい説明が出来る能力と、複雑な事象を捉えることのできる能力は、重複している部分もあれば違う部分もあると思う。
だから頭のいい人は説明がうまいとは一概に言えない。
たぶんスゴく純粋で良い先生なんだろうなー。
大学の先生が
このタイプだった。
見た目もおかしいから
バカにしちゃってたけど
あとから「その研究では
世界トップレベル」と聞いて
おどろいた思い出。
家帰るど!!
今家にいるんすよね?どこに帰るんすか?(笑)
世界トップレベル(誰もやってないからでも可)じゃなきゃ教授になれない定期
国語学習しなおせww
誰もやってないとこ探すのが難しいんよね…知らんけど…
良く言われる「頭のいい人ほど物事を誰にでも分かるように話すことができる」は違うと思う。マジで頭が良いけど、単に「知識が無い人に説明する経験がない」人は普通に何言ってるか全然分からん。
上手く教えられるのはただそれに特化してるだけだと自分も思う
頭の良い人は、相手の知識の有無には対応するよ。 出来ないのは「理解力の低い人」に対して。
一旦説明して相手が判らなければ「例え話」や「何らの断りや前提を入れた上での極論」を提示するけど、
理解力の低い人は「例え話されると話が分からなくなる」とか
「断りや前提と、極論を別々に認識し、極論のみで理解する」とかをやりがちだから手に負えなくなる。
この回観たけど、教授は厳密性を保ちつつも伝わる様に言葉を選んでいたよ。
聞く側の事前知識や理解しようとする姿勢も大切。
ちなみに性格は遺伝と環境でだいたい5:5って大学の心理学でやりました。
難しい言葉を聞いた時にすぐ調べるというのを繰り返すと賢くなっていきますね
私はね、誰かにマウント取れるぞっていう欲望に習って、知識に貪欲になっていますね。
双生児って言おうとして俺らみたいなバカでもわかりやすく双子って言い直したひろゆきにワロタ
ダメだこりゃ
真っ当なダメだこりゃ
研究すればするほど確実な事は言えなくなってくる
こうやって知識増やすのか、ひろゆき
海外でアベプラ観れると思って1週間ワクワクしてたひろゆき可愛い
vpn使えば全然観れるけどねー
大学教員だが、これは「今すぐに分かる必要がない」が答えの気がする。
現状の能力に近い内容をたくさん聞き、明らかに難しい内容は聞き流す。
これを繰り返せば能力が上がり、難しい内容も自然に分かるようになる。

例えば学校の授業が難しい場合、ひとまず分かる部分だけつまんでおき、
下の学年の内容に残した穴を埋めた方が、実際は効率が良かったりする。
けどプライドが邪魔してそれができないから、能力が伸びないんだよね。

講義を受ける際の参考にさせていただきます
なんとなく判ったを『判らなかった』とするか『判った』とするか? だねぇ。

私は、安藤教授の話は、
だいたい判ったと言えるが、よく判った(先生の意図するところを十分に汲み取れた)と言えなかった。

ひろゆき氏の言いたいこと(質問の趣旨)は『良く判った(簡単だった)』だが、

先生の言いたいこと(返答の趣旨)は『だいたい判った(難しかった)』になる。

特に性格についての『一卵性50%・二卵性25%』は、両者の比較しか判らず、

『年子&同性の兄弟姉妹』と『3歳以上離れた異性の兄弟姉妹』の数値とか出してもらわんとピンとこなかった。

ひろゆきが言ってた字幕つけないチャンネルってここかw
ここは数字稼げてるからokだろ
大学時代の友人の結婚式行った時にその友人のセミナーの教授がスピーチしてた時の事を思い出した。

長く専門的な説明ばかりでみんなポカーンとしてた。

つまり設計図が同じプラモデルを作っても、作り手が違うとビミョーにシールの位置がずれるとかそういうことか?
一卵性でも分裂後の発生の段階でDNAの分裂に伴ってDNAに変異が起こるので、最終的には全く同じDNAにはならないですね
納豆の方が近そう
タレを袋からしっかり絞って100回ねりねりしても適当に作った納豆と大して変わらん
大学の理系の教授が教える生徒は基本的に理系だからね。