ひろゆき結構腰の話よくするよね
本当に話の通じない年寄りは疲れる。
年寄りを相手にすると疲れるので介護職はおすすめしません。
数年後ひろゆき
『○飲み過ぎて肝臓いわしました』

ケアマネは確かに事務だけど、頭のおかしい老人と同じようにおかしい家族の相手はするので、ホント介護は止めとけ
友人が介護の仕事してるけど、結構大変そう。夜勤あるし
看護師とかアニメーターとか憧れだけで成り立ってる仕事ってホント凄いよね、憧れる
看護師平均年収でググってください
Fランクラスの学力の人が大企業並みの収入を得られる数少ない仕事です
看護師給料ええよ
生涯年収5億いく
年収1000万が40年続いても4億だから無理やろ
@touhouhuhai.m.a そうだったのですね!
精神的にキツいみたいなイメージがあったので大変そうだなと思っていたのですがそういう良さもあるんですね
教員もかなりやりがいだけで成り立ってると思う
デスクワークも深刻な腰痛や肩こり、側弯症、ヘルニア、頚椎症などの症状が出やすい仕事ですのでお気をつけて。
腰に激痛が走り ぎっくり腰 かと思ったら尿路結石でした
稲妻が突き刺さるような痛みででその場から一歩も動けなかった

ヒェ…
介護の仕事していましたが、幹部も社長も綺麗事ばかり言っていました
現場では綺麗事は通用しないのに
頑張っても評価されないのが介護の仕事です
今までの人生でまだ腰に痛みを感じた事ない
極真でめちゃくちゃ練習すれば体幹はつよくなる。腰は不明
でも看護師はめちゃキツそう
これひろゆき、認めてないだけで腰いわしてるんじゃね?
看護師は大変だけど、需要と供給が合ってるから恵まれてる
介護で老人持ち上げて腰壊すと言われても実感湧かないけど、引っ越しのバイトで例えたら確かに。筋トレしてても少なくとも引っ越しの仕事は40-50代まで続けるのは無理がある。
特養のケアマネになればお年寄りの身体介護することはないし、定時退社できる
将来課長さらに施設長に出世するチャンスもある
ぎっくり痛はやばいですよね。一度運動中になった時、○んだ方がマシだと思うくらいの激痛でした
あれがずっと続くのだとしたら、本当に耐えられないだろうなあ。
まず何歳であろうと若手は仕事選べないから看護も腰を痛めるよ
最近だとアマゾンとかクラウドサーバーが流行るのもあって、深夜労働の雇用が増えてるらしいですけど、そういった仕事も単調で体壊すのが目に見えている仕事ですけど、政府の対策は必要ないですかね?
そうなんですよね。
友人が事務職で就職して、なぜか介護の研修を受けさせられて、結局介護の仕事をさせられ、退職しました。
筋トレで腹筋してたら腰いわしてそれからずっと腰が痛いです。筋トレには気をつけてください。
腹筋ではなくて背筋力をつけるようにすること。今痛いならほんの少しずつ2,3分から初めて、一年後には腰痛なし
椎間板ヘルニアは一回やったら完治はしないな、カッコよく言うなら
「時々……重い物を持つと……古傷が疼くんだ」
腰はなかなか治らないですよね
「若い時、腰に矢を受けてしまってな…」
ひろゆきが思う筋肉ある人=中山きんにくんってのがおもしろい
数年後のひろゆき
「配信で座り過ぎて 腰いわしました」
笑ったw
俺もぎっくり腰3回やってる😅100メートルを30分かけて歩かないといけない苦痛 あれはマジで辛い。この年の重い物持つ仕事とかはマジで気をつけないと😱人間の体は重いから50歳越えたらメチャクチャきっいと思う!でも人手不足の世界でしょ?介護の仕事してる人大変だと思うな~😅
介護用ロボットスーツが普及すれば状況もかわるだろ。
オピオイドは麻薬そのものなので当然依存すると思いがちなんだけど、
痛みがある時は何故か依存が発生しないという謎のメカニズムがある
仕事で腰いわして痛みを堪えながら勤務しています。
後10年くらいは働かなくてはいけません。
介護だって色んな職種があります。
痛かった時期はマジに○んだ方がましってくらい痛かった。
私の場合は手術する以外に方法がないってくらいひどかったけど、今はあの痛みは何だったのか?ってくらいになくなった。
でも、腰はマジにつらい。
介護って60以上のオバサンいっぱいいるから少しでも若いとこきつかわれるし逃げようと決心しました
母が介護士でした。
介護士歴が長く40代頃から事務に回ってます。
施設ケアマネは現場に出るが、在宅ケアマネは現場には出ない。
現場に出ないと言っても訪問なので、炎天下(雨の日は合羽)で自転車。
ルート営業のような御用聞き、地域包括への営業・面倒な事務作業
だから、夜間・休日にも電話対応が求められる・・・
ひろゆきさんも経験者でしたか! 自分も4回やってます。なる前に腰に疲れが溜まってましたね。 あと精神的なものもあるみたいです。 仙腸関節を正すと治るらしいですね。
要は別に大きな動きのある仕事をしなくともデスクワークでさえぎっくり腰になる危険性を教えてくれるお話でした